ガソリンスタンドでのレンタカーの保険はどうなっているか

ガソリンスタンドも給油や洗車だけでなく様々なことをしていますが、最近はレンタカーを行っているところも増えてきました。車をレンタルしてくれるところはさまざまありますが、専門的なところでなくても身近な場所でレンタルすることができれば非常に便利なのは間違いありません。 車をレンタルするときに必要になるものの一つとして、自動車保険があります。格安だけども全く何の補償もない会社と、しっかりと補償がされている会社であれば後者を選ぶべきでしょう。実際にどのような内容が保証されているかは、スタンドによっても異なるところです。その詳細は、実際にスタンドに問い合わせをするか、スタンドのホームページを見て判断した方がよいでしょう。料金によって、補償の違いがあります。

借りる前に必ず確認をしておくこと

自動車を借りる場合には、どのような保険に入っているかを確認しておく必要があります。基本的にたいていのガソリンスタンドでは、レンタカーで免責補償に入っていることが多くなります。免責補償は、損害を発生させるしまった場合に一部だけ負担し、後を保険を適用するパターンです。もしこれがなければ、全額自分で払わなければならなくなりかなり大変な思いをする可能性が高くなります。 一般的に自損した場合には一部だけ実費で支払いますが、そもそもどのような時に保険がおりるかを知っておきましょう。その例は、電柱やガードレールに衝突した場合や山を走行している場合に山から転落してしまった場合、そして転覆した場合もこれに含まれます。それに加えて、当て逃げされた場合も保証されることがほとんどです。

トラブルを起こした場合はスタンドにも連絡をする

もし、ガソリンスタンドでレンタカーを借りた時に自動車をぶつけてしまった場合は、警察に連絡をし届け出をすることは当然ですが、スタンドにも連絡をしなければなりません。万が一警察のみに連絡をし、スタンドに連絡をしていなかったとすれば後でスタンドの方から電話がかかってきてしまうでしょう。 保険に入っている場合には、ノンオペレーションチャージも含まれているか確認する必要があります。たいていのスタンドでは、ノンオペレーションチャージが含まれていますので、自動車が動かなくなった場合でもそれほど費用がかかるわけではありません。ただし自走して車を返還した場合には2万円の支払いだけでよく、自走不能の場合は5万円のお金を支払わなければならないため注意が必要になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加